ポケットワイファイの速度はどのくらい?

では、実際にポケットワイファイ(モバイルルーター)を利用して接続を行う場合、回線速度はどの程度のものになるのでしょうか。現在利用できるポケットワイファイ回線の中で、最も、最高速度が速いのは220Mbpsという速度となっています。(参考サイト > ポケットwifiで便利なネット環境を作ろう!
これは、初期の光回線に匹敵する速度であり、スマートフォンからの通信量であれば殆どの場合不具合なく通信ができるものとなっています。

ただ、この通信速度というのは各社表示しているものの、いずれも「最高速度」という表記となっている点に注意しなければなりません。つまり、これは常にこの速度が実現できるわけではない、ということです。様々な条件によって回線速度は下がることになり、場面によってはあまり高速ではない、という状況になることがあります
日本地図
その条件の1つは、エリアです。
最初に述べたとおりポケットワイファイでは無線を媒介する形で接続を行っているため、基地局からの距離によって回線速度が上下します。
関東一円であれば、比較的高速な回線が利用可能になっていますが、離れると速度は落ちがちです。

また、もう1つの条件として「通信量制限」というものがあります。
こちらは次の記事で詳しく紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モバイルルーターとは

モバイルルーターそれではまず、そもそもポケットワイファイと言うのがどのような仕組みなのかについて紹介します。
ポケットワイファイというのは、モバイルルーターと言う持ち運び型のルーターを用いて、電波として利用し、インターネット回線にスマートフォンを接続させる方法です。
通常の接続と違い、スマートフォンが直接受信をするのではなく、モバイルルーターを介して接続される仕組みとなります。

このモバイルルーターを用いる接続のことを、LTEまたはWiMAXと呼びます。前者はワイモバイルによるサービス名であり、後者はUQWiMAXによる規格名です。基本的な部分はそれほど大きく違っているわけではなく、ともかく無線通信を受信し、それによってスマートフォンをインターネット接続させる仕組みである、ということが重要になります。

これによって、LTEないしはWiMAX回線が利用できる場所であれば、外出先であっても高速回線を用いてスマートフォンをインターネットに接続させることができるようになります。スマートフォンはガラケー時代に比べて必要となる通信量も多くなっているため、通信速度が高いことによる恩恵も受けやすく、メリットが大きくなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・